チカラになれない自分の無力さ

この前、間近と久々に会いました。
妊婦であるぼくが、安定期に入るまで会うのを控えてくれるきめ細かい間近です。
あんな間近から衝撃的な報告をされました。
近いうちに離婚するそうです。
若いうちから結婚して6時まぶたで、きめ細かい恋人で仲良さそうな雰囲気でした。
けど、恋人は病棟関係の勤務で、忙しく毎晩夜まで仕事をしているのも聞いていました。
そうして、両者の間には子供が居ないのも事実です。
それが、端緒になったんでしょうかね。
恋人の父母から孫が見たいと催促されるのもヒドく心配になったと思います。
6時も仕事夫人になっていた間近は、世間復職を心配していたし、今更お家に帰っても居所がないと嘆いていました。
保育士の権はあるので復職はできると思いますが、不安でいっぱいみたいです。
ぼくが1時前に結婚して、直ぐ妊娠してとトントン拍子に進んでいるのがあり、悩んでいても言えなかったみたいです。
学生から引き続き間近だったのに、辛いまま話しも聞いてあげられず、何もしてあげられない自分がはたして嫌になりました。
自分に出来ることは、多少なりとも間近が笑顔になれることを探していけたらいいと思います。着物買取でお小遣いができました

教習所の通いヒトについて

我々が今、生活気になる事は教習所についてです。教習所は締め切りまでに学科と実技を終わらせて開始に通過しなくては、いけないんですがブッキングがぜんぜん取れないので困っています。学科はゼロ時限、八十人物までと決まっていますが我々が見た以上だと多くて二十人物間近でした。少ない時は単独でした。学科はブッキングもしなくて良いので自分の心づもりに合わせて行けるし補習も無いので実技のブッキングが取れなかったら学科に行っていたら締め切り内には終わりそうです。模擬開始も今から勉強していけばぜひ通過出来るんじゃないかと頑張っています。ただし実技の場合は、先ずブッキングをしなくては出番もしません。今の時点でひと月も予約が取れない具合なのにインストラクターからは間隔を、あけないで実技をしなきゃ駄目だよと言われました。それでインストラクターが予約が取れない事を知らない状況にビックリしました。しかも教習所となりも駅舎等に行って販売をしています。ブッキングを優先してもらう企画も、あるんですがお金がかかるので自分でどうにかするしかありません。腸内環境改善するには食べ物が大切です

教習所の通いお客様について

俺が今回、日々気になる事は教習所についてです。教習所は期日までに学科と実技を終わらせて実験に満足しなくては、いけないんですがアレンジがなんにも取れないので困っています。学科ははじめ時限、八十お客様までと決まっていますが俺が見た以上だと多くて二十お客様前後でした。少ない時は単独でした。学科はアレンジもしなくて良いので自分の計画に合わせて行けるし補習も無いので実技のアレンジが取れなかった場合学科に行っていたら期日内には終わりそうです。模擬実験も今から勉強していけばやっと満足出来るんじゃないかと頑張っています。ただし実技の場合は、とりわけアレンジをしなくては発端もしません。今の時点でひと月も予約が取れない実情なのにインストラクターからは間を、あけないで実技をしなきゃ駄目だよと言われました。それでインストラクターが予約が取れない事を知らない状況にビックリしました。しかも教習所身近も駅舎等に行って営業をしています。アレンジを優先してもらう計画も、あるんですがお金がかかるので自分でどうにかするしかありません。善玉菌サプリは手っ取り早いです

母の様に?13年のじかんで?

わたしが物心ついた頃から、母は働き者でした。専業主婦だったこともあり、食卓には毎食、手作りの温かい食事が並び、インスタント食品は食べた事がないほどでした。

当時、それはごく普通の事で、特別な事ではありませんでした。学校から帰ると母がいて、温かい御飯が出てくる。ずっと続くものだと思っていました。

高校3年になり、わたしは進路に迷いました。看護師になりたかったわたしは、親に迷惑をかけまいと思っていました。ある日、ふと掲示板を見ると、働きながら学校に行けるという求人を見つけました。これしかないと思いました。

母に相談しました。母はじっと考えていました。Beautiful asian kimono woman on white background
わたしが生まれたのは青森のそれも、電車もない山の中の田舎で、求人があったのは埼玉でした。

毎日一緒にいて、温かい御飯を作って、たわいもない話しが出来る。母はそんな毎日を望んでいたのかもしれません。
しかし母は、笑って「あなたのやりたいようにしなさい」と、目に涙を浮かべながら、わたしの背中を押してくれました。

あれから13年… わたしは看護師になりました。そして、母になりました。自分が母になって、母の偉大さに気づきました。
家で待っていてくれて、温かい御飯が出て、たわいもない話をして…当たり前だったけど、とても特別な事でした。

今のわたしは、毎日仕事に追われ、育児も家事もいっぱいいっぱいになっています。
そんな時に、ふと母の事を思い出します。

温かい御飯で温かい家庭を築いた母の事を。今のわたしはお母さんみたいになっていますか?